スポンサーサイト

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<素敵カラダプロジェクト>ひざ上の肉の落とし方 レッスン第3回(毎日新聞)

2010-04-02

 働く女性たちが、パナソニックのヘルスケア商品を使いながら健康な心と体を目指す「素敵カラダプロジェクト」。3月20日に行われた宇田渚さんによる「バレエストレッチレッスン」第3回では、「指先・つま先のストレッチ」が行われた。参加者のニックネーム「naoko」さん(東京都内の企業に勤務する20代女性会社員)にリポートしてもらった。

 ◆ひざ上の肉の落とし方◆

 簡単!と思ったのだけれど……。ひざ下を伸ばすのを意識する。これが結構難しい

 「素敵カラダプロジェクト」の第3回レッスンは「ひざ下を伸ばす、ひじ下を伸ばす」がテーマ。ひざ下を伸ばすポイントは、足の親指だけを下に「ぐいっ」と落として足を外向きにする(内またにしない!)こと。正しくするとすごく足がつって痛い……。

 「足がつって当たり前!! だって使ってないんだもん!」と先生。確かに足の指は普段使わないですよね。毎日ヒールを履いているから指の付け根(ネコでいうと肉球あたり)で歩いてると思う。

 本当は指でけって歩くのが正しい歩き方なんですよね。そうやって足を伸ばすと足の裏と足の内側が伸びるんです。

 足の外側の筋肉が発達するとO脚の原因になるとのこと。足の内側を使ってあげることによって「美脚ゲット」というわけですね。

 姿勢が悪くなると背中が丸まってひざも曲がってバランスを取ろうとしてしまうので、結果ひざが伸びずに、ひざ上に肉がつく、と。なるほど!

 逆に、立ったときにもこのひざを伸ばすことを意識すると姿勢もよくなるみたい。そしてもうひとつ「ひじ下を伸ばす」。これを週末、実家に帰ったときにちょっとだけ太り気味の姉に伝授したら、少ししかしてないのに翌日、筋肉痛になっていました。それだけ筋肉を使わない部分ってことですね。

 ↑これ、何やってるかわかりますか?

 ハンドパワーじゃありません(笑い)。わかりづらいけど、手の指に輪ゴムをつけて手をぐっと広げているんです。これをやりながらストレッチ↓

 するとこれが意外と腕の筋肉を使う。輪ゴムなんて身近なものを使ってのレッスンだからお家でもできちゃいます。このレッスンも3回目になって思うことは、体のいろんな部分を今まで使っていなかったんだなぁ……ということと、少し意識するだけで毎日の生活に取り入れながら改善していけるんだという発見。最近、「姿勢がよいね」と前にも増して言われるようになりました。

 そういえば悩みの坐骨神経痛もあまり感じなくなってきたみたい。活動量計があるから、毎日意識して生活ができている。三日坊主の私にとっては無くてはならない商品だ。引き続き素敵カラダ目指してがんばるぞ。

【関連ニュース】
<第2回の記事>素敵カラダプロジェクト:声出してひざを伸ばす! レッスン第2回
<第1回の記事>素敵カラダプロジェクト:ヘルスケア商品で心も体も健康に レッスン始まる
素敵カラダプロジェクト
naokoさんのブログ

死刑求刑の小泉被告に判決へ=元次官ら連続殺傷-さいたま地裁(時事通信)
新型インフルの第一波、事実上終息…厚労省(読売新聞)
自治会、PTA…緊急時に備え 名簿づくり“お墨付き” 箕面市条例あす成立へ(産経新聞)
共産党の機関紙配布、元社保庁職員に逆転無罪(読売新聞)
日米外相会談の要旨 普天間問題、今後さらに議論(産経新聞)

雑記帳 この枝垂れ桜は…DNA鑑定(毎日新聞)

2010-03-31

 京都市の学校法人平安女学院は24日、DNA型鑑定の結果、所有する京都市上京区の旧有栖川宮邸の枝垂れ桜が豊臣秀吉ゆかりの醍醐寺の桜の子孫だと分かったと発表した。

 枝垂れ桜は1952年、画家、堂本印象の発案で醍醐寺から移植したものと伝わっている。しかし、確かな記録がなく、住友林業が葉のDNAを抽出して調べていた。

 枝垂れ桜は今、三分から五分咲きで今月末が見ごろになりそう。同法人は4月7~11日に邸宅を有料公開するが、洛中で「醍醐の花見」としゃれ込むには少し遅いかも。【広瀬登】

ギョーザ容疑者拘束、26日深夜に中国から連絡(読売新聞)
埼京線の一部が運転再開、山手線内回りなど運転見合わせ続く(産経新聞)
<中国毒ギョーザ>被害者の傷癒えず 今も通院の男性も(毎日新聞)
「日本は日米合意を尊重するだろう」 普天間問題で米司令官(産経新聞)
参院選 民主静岡県連方針を小沢氏拒否「2人擁立原則」と(毎日新聞)

県内限定の幕の内弁当を試食=熊本〔地域〕(時事通信)

2010-03-29

 熊本県とセブン-イレブン・ジャパンは25日、地産地消と県産品の販路拡大など7分野で「地域活性化包括連携協定」を提携した。蒲島郁夫知事と井阪隆一社長が同日、同県庁内で、提携を記念して作成した弁当を試食した。
 天草のマダイや県産豚肉、サツマイモ、有明海のノリなどを使った「熊本うまかったい幕の内」弁当で、県内の199店舗のみで販売する。26日から4月12日までの期間限定。知事は「天草のタイは本物のタイで、とてもおいしい」と笑顔を見せた。
 同社は今後、県産の農産物を使った菓子や弁当、パンなどを期間限定で発売する予定。また市町村と共同で、住民票や印鑑証明をセブン-イレブンの店舗で取得できる行政サービスの代行も検討している。
 井阪社長は「米粉を使った商品開発などができれば。観光名所の案内のパンフレットを置くことなども検討している」と話した。 

【関連ニュース】
〔地域の情報〕知事とスザンヌが熊本の食材をPR
〔地域の情報〕地元食材ふんだんのロケ弁=沼津
〔地域の情報〕地元の柿、トマト商品をお土産に=熊本県
〔地域の情報〕霞ケ浦風「フィッシュ&チップス」はいかが=茨城県など
〔地域の情報〕近代化産業遺産群シンポを開催=静岡県伊豆の国市

風で足場倒れ電柱直撃、200世帯が停電…京都(読売新聞)
民主、2人目の擁立断念…参院選新潟選挙区(読売新聞)
「何も言えなくて…」ハマった薬物乱用“アラ還”シンガーの孤独と苦悩(産経新聞)
<京都精華大>業田良家さんが客員教授に(毎日新聞)
離党の鳩山邦夫氏「自民と共闘、十二分にある」(読売新聞)

松野明美さん、熊本市議選に出馬(スポーツ報知)

2010-03-27

 元マラソンランナーで、タレントの松野明美さん(41)が25日、熊本市内で会見を開き、熊本市議増員選(4月25日投開票、定数2)に立候補することを表明した。同選は熊本市と、松野さんの出身地の植木町が合併したことに伴うもの。旧町域が選挙区となる。

 ダウン症の障害を持つ次男・健太郎くん(6)を育てている松野さんは、「自分の子だけなら私の名前を使って、スムーズに成長させられるかな、と思うけど、それだけじゃいけない。熊本県だけで障害者手帳を持つ人が12万人いるんです」と障害者福祉向上を目指す考えを明らかにした。

 【関連記事】
松野明美「障害者全員のため」熊本市議増員選挙立候補会見
松野明美 植木町 ダウン症 を調べる

<子ども手当>給食費滞納者の窓口支給を検討 栃木・足利(毎日新聞)
全国的に暴風や高波、あす夕方にかけ大荒れ(読売新聞)
月末の日米外相会談で提示せず=普天間移設先-平野官房長官(時事通信)
警察官の偽証「違法」=道に賠償命令-「おとり捜査」訴訟・札幌地裁(時事通信)
強風で運休相次ぎ、ダイヤに乱れ…JR京葉線など(読売新聞)

都の高齢者、「支えられる」から「社会を活性化」へ―協議会が最終報告(医療介護CBニュース)

2010-03-25

 東京都の「団塊世代・元気高齢者地域活性化推進協議会」(会長=宮城孝・法政大教授)は3月18日、最終報告をまとめた。最終報告では、「支えられる存在」から「社会を活性化する存在」へと高齢者像を一新するため、都が区市町村や企業の取り組みを支援する方向性を確認した。

 最終報告では、都が健康な高齢者による地域貢献を支援する機運づくりと情報発信を目指すとともに、区市町村の取り組みを支援することを確認した。具体的な取り組みとしては既に、昨年12月に高齢者による地域支援を促進する「Tokyoシニア情報サイト」を開設。今年1月16日には「中高年のための地域デビューのすすめ~あなたも地域の即戦力~」と題したイベントを開催している。

 4月からは区市町村の取り組みや各地域で活躍する高齢者の事例を記事化し、Tokyoシニア情報サイトで月に2件程度配信する。また6月をめどに、都と区市町村の取り組みをまとめた広報媒体を作成。日本経団連などの団体や都内の企業に呼び掛け、定年退職者向けの説明会などで配布してもらうなどして周知を促したい考え。

 区市町村が独自に実施する高齢者の活性化支援策についても、先駆的な内容を中心に、積極的に財政支援する方針だ。

 同協議会の委員からは、都の取り組みに期待する声があった一方で、今後の課題についての指摘もあった。地方自治体が積極的に高齢者の地域参加を促しても、「自治体の財政援助がなくなると、すぐに活動は縮小してしまう。次のステップとして資金の掛からない仕組みづくりが必要」(真貝高三・特定非営利活動法人笑顔せたがや地域デビューコーディネーター)、「地域サービスの需要は細分化が進行している。それに応えるためには、地域の企業や団体とのさらなる連携が欠かせない」(池山恭子・NPO法人なぎさ虹の会会長)との意見があった。


【関連記事】
「都市型軽費老人ホーム」の整備補助で説明会―東京都
認知症加算、独居高齢者加算の請求割合高く―都内ケアマネ事業所
同居高齢者、朝・昼は3割が「孤食」―練馬区が調査
介護施設でのターミナル、ケアマネが意見調整の中心に
高齢者向け住宅のサービス指針を策定―東京都

<気象庁>桜井長官が謝罪 気圧データ誤発信(毎日新聞)
<就活>強引な勧誘で東京都がセミナー事業会社に是正勧告 (毎日新聞)
民主・生方副幹事長解任、閣僚からも批判(読売新聞)
「娘の首絞め火つけた」 寝屋川 放火未遂容疑で女逮捕(産経新聞)
<あま市>七宝、美和、甚目寺3町が合併で誕生 愛知(毎日新聞)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。